消臭効果確認試験についてはこちら

                                価格についてはこちら

 

  1982年、アメリカ・ミズーリ大学のT.D.ラッキー教授が「ホルミシス効果」を発表しました。
  老化を防止し、免疫を向上させ、若々しさを保ち健康生活に役立つと発表。
  日本でも衝撃を受け、14の研究機関で液体・固体・細胞レベルなどの検証を行い、
  先進24カ国のシンポジウムにおいて画期的な「ホルミシス効果」の高い安全性が発表
  されています。
  ホルミシス効果、育成光線効果、Eマイナス電子効果の三効果は、
  体を温め、自然治癒力を高める働きがあります。
  体温を少しでも上げ、健康を目指しましょう。

放射線ホルミシス・観察された健康効果
効果 バックグラウンド放射線
現状 最適線量
筋肉の発達 ゆっくり 速い
神経系の発達 かなり良い 優れる
記憶 良い 優れる
創傷治癒 ゆっくり 速い
感染 たびたび 少ない
発ガン率 高い 低い
寿命 平均的 延長する

 ●Eマイナス電子とは〜
  滝つぼ周辺ではマイナスイオンが多く発生していることを、ノーベル物理学者フィリップ・
  レナード博士が学術的に証明しました。
  滝つぼの近くで清々しい気分になったりするのはマイナスイオン効果です。
  しかし、現代生活は電気製品、工場や車の排ガス、埃等はすべてプラスイオンなのです。
  体内のマイナスイオンが消費されるとバランスが崩れイライラしやすくなり、ストレスを増
  やしフリーラジカルが働き易くなり健康にとって悪い環境になります。
  マイナスイオンを積極的に取り入れる生活が望ましいのです。
  強力脱臭・消臭マイナスイオン塗料「Deodoran(デオドラン)」は、塗布することにより
  半永久的に強力なマイナスイオン放出量を誇る画期的な塗料です。


  マイナスイオン発生塗料比較。
  左が「Deodoran」塗布壁紙からの発生量、右がS社マイナスイオン壁紙からの発生量。

  室内を浄化させ、マイナスイオンを平均400個/cm3以上(鉱石イオン測定器<型式:
  COM-  3010プロ>での測定値。空気イオン測定の場合はその約3〜5倍の測定値)を
  常時発生させます。さらに、特殊セラミックの遠赤外線の温室効果やホルミシス効果
 で、心もカラダもリフレッシュ!24時間快適
です。

 ●VOC(揮発性有機化合物)吸着分解で、万全のシックハウス対策!
  セラミックの特殊効果により頭痛やめまい、アレルギー等微量でも人体に悪影響といわ
  れているVOCを吸着分解する働きを備えています。また、竹炭を使用し有機物を含まな
  い塗料の為、化学物質を一切放出しません。
有害とされるVOC 人体への影響
ホルムアルデヒド 鼻咽頭粘膜への影響
トルエン 神経行動機能および生殖発生への影響
キシレン 眼・口・気道などへの刺激
アンモニア 出生児の中枢神経系発達への影響

  ※その他に、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、エチルベンゼン、スチレン等、
      さまざまな種類があります。

  特殊セラミック効果で、「VOC臭」や「イヤな臭い」を除去!デオドランは、高温で焼成され
  た(竹炭)、(粘土)、(天然鉱石)を主原料とする特殊セラミックと無機バインダー、無機
  顔料で構成された塗料
です。その多孔性の特質により、建材や接着剤から放散されるホ
  ルムアルデヒド、トルエン、キシレン、アンモニア等の有害物質VOC(揮発性有機化合物)
  を吸着分解。「VOC臭」、「生ごみ臭」、「ペット臭」、「トイレ臭」等の様々な悪臭も除去する
  ことができ、お部屋の空気を常に浄化させる効果
があります。


  プラスイオンが多すぎるとカラダに悪影響。

  ◆室内の主なプラスイオン発生源


◆プラスイオンの影響「プラスイオン過多症候群」

  デオドランは、1,300℃のバーナー実験で不燃性を実証。また、万一の火災にも有毒ガス
  の心配もありません。
  (不燃材として国土交通省認定。認定番号:NM-1427)

  鉛筆の引っかき試験で硬度2Hを実証。(JIS K54008.4)また、無機高分子複合体がセラミ
  ックな高密度塗膜を形成し優れた付着性により塗膜が緩む劣化や、塗膜のふくれなどは
  ほとんどなく密着性を保持します。


  水性無機塗料はカビの栄養分を含まないため、常に湿気があるような場所でも対応で
  きます。湿気があるような場所でも対応できます。また、静電気が起こらないので、空
  気中に浮遊するタバコの煙・埃が付着しにくく、マイナスイオン効果で浮遊する埃を寄せ
  付けません。

  (防カビ試験)
  培養条件:温度28±2℃、相対湿度95%以上、期間28日
  /測定機関:東京都立産業技術研究所

  公共施設をはじめ有名飲食店、住宅等数々の使用実績があり、その効果を高く
  評価されています。

  [お問合せ]
  株式会社 日産社 デオドラン事業部  担当:熊 kuma@nissansha.co.jp 
  TEL:03-5652-8688 FAX:03-5652-8690


                                       [このウインドウを閉じる]